NSBL練馬区学童野球連盟

NSBL練馬区学童野球連盟

トピックス

2月11日(日)大泉学園少年野球場整備を 第三リーグ指導部55名が実施

大泉学園少年野球場整備を 第三リーグ指導部55名が実施大泉学園少年野球場整備を 第三リーグ指導部55名が実施

春の開幕に備え、2月10日(土)12時から、第三リーグ8チームの指導者総勢55名が「大泉学園少年野球場」(以下、学園球場)の整備を行いました。
今回の課題は、ホームペースとピッチャーマウンドの重点整備で、選手が日々踏み込むことでずれたプレートの位置を正しました。また例年の通り、1塁、2塁、3塁のベース付近の土の掘り起こし、フィールド内の不適正な段差の解消を行い、内野全体のローラーかけ、ブラシかけで、作業は3時間以上に及びました。今回、選手が十分準備して試合で好投してくれることを願い、指導者の念願であったブルペンのマウンドをつくりました。第三リーグ指導部の恒例活動となった球場整備、2018年シーズンも選手が安全で、好プレーが数多く生まれることを期待し作業を行いました。なお第三リーグ各チームは、年間2,3回の割り当てで、芝刈り、球場内外の草取りを指導者、保護者も総出で行なっていきます。

2月4日(日)第18回会員総会および新年祝賀会を開催 選手・保護者・指導者とも「笑顔」で過ごせるをスローガンに平成

第18回会員総会および新年祝賀会を開催 選手・保護者・指導者とも「笑顔」で過ごせるをスローガンに平成第18回会員総会および新年祝賀会を開催 選手・保護者・指導者とも「笑顔」で過ごせるをスローガンに平成

2月4日(日)、ホテルカデンツァ光が丘にて、練馬区学童野球連盟第18回会員総会が開催されました。議案に従い、平成29年度事業経過報告、決算報告、監査報告等がなされ、続いて平成30年度事業計画および会計予算案について提案、いずれも承認されました。
総会では中山潤司理事長より、昨今各スポーツ団体に課題視される指導時の言葉の暴力について改めて注意喚起がされました。選手、保護者、指導者が笑顔で過ごせる1年にしようとの願いから、平成30年度のスローガン「笑顔」が示されました。
総会後には、練馬区、国会・東京都議会・練馬区議会の議員、協賛団体より来賓44名と加盟チーム関係者160人の総勢204人で、新年祝賀会が盛大に開催されました。
今年度の連盟表彰では、平成29年度年間最優秀チーム賞「北原少年野球クラブ」、優秀チーム賞に「ヤングジャイアンツ」、永年功労審判賞には船岡 稔氏(西勝野球部)、温水正昭(桜ファイターズ)、小磯 肇氏(大泉ライオンズ)を表彰し、それぞれの功績を称えました。参加したチーム関係者同士の情報交換も各所で行われ、穏やかな雰囲気の祝賀会となりました。
なお、本会には、前川耀男練馬区長が臨席され昨年逝去された故梅津東治相談役(前理事長)の長年の功績に対して表彰状授与がありました。故人に代わりご子息の梅津貴之氏が表彰状を受け取り、生前、野球にそそぐ情熱と、連盟への感謝の気持ちをお話しされました。また表彰後挨拶にたった前川区長は、指導者への慰労の言葉と、今後も引き続き練馬区内のスポーツ振興を進めると熱意をもって表明されました。
平成30年度もついにスタートです。たくさんの笑顔が見られることを期待し、チーム一丸となってシーズンに臨んでいきましょう。

1月9日(火)男子選抜、清瀬ポニー杯で 準優勝

男子選抜、清瀬ポニー杯で 準優勝男子選抜、清瀬ポニー杯で 準優勝

男子選抜が参戦している清瀬ポニー杯、1月月8日(月祝)に決勝戦が行われました。東村山を相手に戦いましたが8-3で敗戦し、準優勝で大会を終了しました。
閉会式では準優勝表彰ののち、最優秀選手賞に槇原作選手(東勝ファイターズ)、敢闘賞に田中辰空選手(大泉ライオンズ)が選ばれ表彰されました。敗戦はしたものの参加選手には笑顔が絶えない、野球の楽しさを実感できた大会となりました。
男子選抜の活動は、8日の大会終了で終わります。参加した選手たちが中学生入学後もグランドで活躍されることを期待します。

12月31日(日)NPB12球団ジュニアトーナメント2017に 当連盟の井上結人選手(北原)が出場し活躍

NPB12球団ジュニアトーナメント2017に 当連盟の井上結人選手(北原)が出場し活躍NPB12球団ジュニアトーナメント2017に 当連盟の井上結人選手(北原)が出場し活躍

当連盟所属「北原少年野球クラブ」6年生の井上結人選手が、読売ジャイアンツJr.に選ばれ活動してきましたが、12月27日開幕の「NPB12球団ジュニアトーナメント2017 supported by 日能研」(札幌ドーム)に出場し活躍しました。
この大会は、各球団OB選手が監督を務め、小学5、6年生で編成された12球団ジュニアチームが日本一の座を懸けて戦うもので、一般社団法人日本野球機構、プロ野球12球団が主催しています。会期3日間で、参加チーム4グループ・3チーム総当たり戦ののち、各グループで一番勝利数の多いチームが準決勝に進出するものです。読売ジャイアンツJr.は27日1回戦阪神Jr.に4-5で敗戦、28日2回戦東京ヤクルト Jr.に2-5で勝利したものの準決勝には進めませんでした。そのなかで井上選手は、2試合ともスタメン出場し、センター前ヒットをたたき出すなど活躍し、全国3位の実績を存分に発揮し存在感をみせました。なお大会は中日ドランゴンズJr.が2年ぶり3度目の優勝で幕を閉じました。
新年1月8日開催される当連盟男子選抜ポニー杯決勝戦に、井上選手が出場予定です。当連盟試合での活躍を期待します。

12月24日(日)女子選手育成プロジェクト 野球女子集まれ!【第1回】女子野球教室 開催

女子選手育成プロジェクト 野球女子集まれ!【第1回】女子野球教室 開催女子選手育成プロジェクト 野球女子集まれ!【第1回】女子野球教室 開催

加盟チームの女子選手を応援するため、本日24日9時〜12時、女子選手を対象とした野球教室を開催しました。2年生から6年生までの11名が参加し、当連盟総務部部長幸田隆吉を中心に、理事6名の指導のもと、走塁、スライディング、キャッチボール、守備練習、バッティング等を学びました。
女子だけの練習に初めて参加する選手も多く、最初は自チームと違う雰囲気に戸惑いながら、すぐに慣れ、女子同士で楽しんでいました。
来年も連盟女子選手チーム「練馬ラディッシュ」は、各大会に積極的に参加し、活動していきます。加盟チームには、女子選手勧誘のPR要素に女子活動を活用してもらい、部員増員、地域野球活性化にもつなげていきましょう。引き続き野球女子の応援をよろしくお願いします。

»もっと見る

次回活動予定

連盟からのお知らせ

2月4日(日)平成30年度のスローガン

平成30年度のスローガン

平成30年度の学童野球連盟のスローガン
「笑顔」

12月4日(月)選抜、東久留米に快勝 清瀬ポニー杯、決勝戦進出へ

男子選抜が参戦している清瀬ポニー杯、決勝トーナメントに参戦していますが、12月2日(土)準決勝が行われ、東久留米に8-1で圧勝しました。
決勝戦は日程が決まり次第、お知らせしてまいります。
応援よろしくお願いいたします。

11月27日(月)ポニー杯参戦の男子選抜 予選リーグ1位通過で決勝トーナメントへ

ポニー杯参戦の男子選抜 予選リーグ1位通過で決勝トーナメントへポニー杯参戦の男子選抜 予選リーグ1位通過で決勝トーナメントへ

練馬区学童野球連盟男子選抜チームが参戦している「ポニー杯」は、11月18日に行われた予選リーグVS清瀬戦に6-5で勝利し、Aブロック1位で決勝トーナメンにト出場することになりました。
準決勝試合の日程は12月2日(土)第二試合11時開始のVS東久留米戦です。
応援よろしくお願いします。


PDFをダウンロードする

11月12日(日)清瀬ポニー杯のAブロック_予選リーグ戦について

清瀬ポニー杯のリーグ戦の第1回戦が次の日程で開催されますのでお知らせします。
□日程 11月18日【土】14:30開始
□対清瀬
□場所 清瀬第2グランド
□その他 清瀬ポニー杯 組合せ表、日程、試合結果は別添PDFのとおりです。


PDFをダウンロードする

7月17日(月)男子選抜選手5名を追加招集 府中大会参戦に向けて練習始動

当連盟男子選抜の公式試合初戦となる「第11回学童選抜野球府中大会」が7月22日(土)開幕を控え、練習をスタートしていますが、当初選考の20人が府中大会会期中に、上部大会、スポーツ少年団交流戦、地区大会、合宿が重なり、参加選手数が少なくなることから、以下5名の追加選手を招集しましたのでご報告いたします。
総勢25名の選手たちが、切磋琢磨しながら活動を行なっていきます。ご理解と応援をよろしくお願いします。
(追加招集選手)
21.田邉 大治朗(南勝ホークス)
22.神山 輝生(関町タイガース少年野球団)
23.洲濱 匠 (石台小ドリームズ)
24.浮津 春成(上北小野球部)
25.豊島 暖大(泉新少年野球部)


PDFをダウンロードする

»もっと見る

  • NSBL練馬区学童野球連盟


  • ▲トップに戻る

    1. トップページ
    2. お知らせ
    3. 役員紹介
    4. 沿革
    5. チーム紹介
    6. 年間スケジュール
    7. 大会情報
    8. 申請書類ダウンロード
    9. 活動報告
    10. 連盟規約
    11. 試合規定
    12. 卒業生の進路
    13. リンク
    14. サイトマップ